2013年3月20日水曜日

家庭教師ヒットマンリボーンの沢田綱吉がカッコ良すぎる



絵が凄くカッコ良いと思っていて、いつか集めたいと思っていたけれど、

この前ブックオフで100円で並んでいたので、

ついに集める時が来たと思ってまずは表紙の気に入ったものを数冊購入した。

家庭教師ヒットマンREBORN! コミック 1-41巻 セット (ジャンプコミックス)

家庭教師ヒットマンリボーンの主人公、沢田綱吉(通称ツナ)は普段はひ弱な少年だけど、

死ぬ気の炎が額にともると、いきなり男らしくなり、強くなる。(上の写真の人物)

この状態のツナがめちゃくちゃ格好良い。


普段のツナから死ぬ気のツナに変わったときのギャップが凄いから、

よけいにそう思うのだろうけれど、特にあのきりっとした目がたまらない。


18巻に載っていた読者投票キャラクターランキングでは、 

一位 雲雀恭弥(↓の写真の人物)



2位 沢田綱吉

3位 六道骸(↓の写真の人物)


となっていた。

なるほど3人とも格好良すぎる。



ストーリーのジャンルは、初めのほうは凄く楽しいギャグ漫画のようだったけれど、

途中からシリアスな格闘漫画のように変わった感じ。

シリアスに戦うツナもカッコよくて好きだけど、

最初のほうのハチャメチャな展開も笑えて凄く好きだった。

その頃のリボーンを堪能できるゲームソフトがあった。


家庭教師ヒットマン REBORN! ドリームハイパーバトル! 死ぬ気の炎と黒き記憶

これもブックオフで100円だったが、価値はもっとあると思った。

フルボイスで原作にそったストーリーを遊ぶことができる。

笑える内容が多く、やっていて楽しい。フルボイスで絵も悪くないので、

リボーンの世界に浸ることができる。

ハイパー死ぬ気モードのツナが出てくるのは最後のちょっとだけなので、

そこは残念だけど、設定でナビゲーターをハイパー死ぬ気モードのツナにできるので、

いっぱい声を聞くことはできる。

ただし、格闘ゲームとしてはかなり微妙だと思った。


格闘ゲームでは、PSPで発売している、


これらは、評価も高くかなり面白いようだ。

俺はバトルアリーナ1しか持っていないけど、操作性もテンポもよくて、

スタイリッシュでカッコよくてとても気に入っている。


という訳で、今更ながら俺にリボーンブームが到来しているのだが、

今更だからお得に楽しめるので、とても幸せだ。

スポンサードリンク

2 件のコメント:

ガブリエル さんのコメント...

こんばんは

名前は聞いた事がありますが、
読んだ事は無いですね

でも、中古で100円で買えるならお得ですね
しかも、ゲームも100円なんですね
それには、ビックリです(笑)

伊達嫁子 さんのコメント...

ガブリエルさんこんばんは。
PS2のソフトも100円で売っているものが結構あります。気軽に買えるので、楽しいです(^^)