2013年7月6日土曜日

『夜明けの街で』の映画を見て思ったこと



『夜明けの街で』は東野圭吾さんの小説ですが、

これも2011年に映画化されました。

ずーーーっと映画のほうも見てみたいと思ってたんですよ♪

今回レンタルしてきちゃいました。


不倫系はされたくないけど、小説ならドキドキして読めます。

でももし自分の夫が不倫なんかしたら、絶対離婚でしょう。

映画に出演されているのは、岸谷五朗さん、深田恭子さん、中村雅俊さん、

萬田久子さん、木村多江さん、石黒賢さんなどの俳優さんです。

原作にも新谷という主人公の渡部(岸谷さん)に、不倫を「やめておけ」と

忠告している親友がいるのですが、石黒賢さんがその役柄を演じていて、

すごく原作とイメージと合っているなと思いました。

岸谷五朗さんも、小説より先に映画の予告編を見たからか原作のイメージ

そのままでした。


それにしても、主人公が

家に帰って休日に家族サービスしている様子は

結構白々しかったりします


子役の子はすごく可愛かったけど・・。

やっぱり深田恭子さんはすごく美人でスタイルも素敵です。

正直、岸谷さんとは美女と野獣的な組み合わせだと思いました(笑)

原作から抜けている人物もいたけど、問題なく見ることができました。

小説の感想でも「最後のほうの奥さんは恐ろしかった」と書きましたが、

やはり奥さんは怖かったです。でも映画では少しずつそういう描写が

ありましたけどね(汗)

そりゃ・・不倫って許せませんよね。

最終的に渡部は家庭に戻ることになるのですが、



奥さんには一生頭が上がらないんだろうなと思います。


結構口コミとかでは評価が低いけれど、自分にとってはおもしろく

楽しんでみることができました。

スポンサードリンク

2 件のコメント:

まっちゃん さんのコメント...

岸谷五郎さん。。。
私 好きな俳優さんです♪
野性的な男らしい人が好きなの(笑)

男の人って 不倫相手も妻も
愛せる人種なんですよ・・・
まぁ ウチの旦那が浮気したら・・・
ちょん切るけどね(爆)
平成の阿部定になるね、私・・・

伊達嫁子 さんのコメント...

まっちゃんさん、こんばんは。
岸谷五郎さんは、確かに野性的な役が多い
ような気がします。愛の流刑地にも
出ていましたね(*^。^*)

阿部定事件は前にネットで調べてビックリ
しました(笑)
アメリカかどこかにも男のアレを
ちょん切った人いましたね(汗)