2013年9月24日火曜日

首の骨を鳴らすのはとんでもなく危険だったことについて


パソコン業務をしていると、

首もよく凝るので、時々首を勢いよく振って、

ボキボキ鳴らしてみたりしている。

近くで同じようにパソコンに張りついている上司も、

かなり盛大にバキボキバキボキ鳴らしていたりする。


しかし、ふと思って今日、

「首を鳴らす 危険」で検索してみた。

すると、恐ろしい内容のヒットがズラリ・・・・。

それを今回はまとめてみようと思う。



まず、骨がポキポキと鳴る音について


これは、間接の中に空気が溜まっていたものが弾ける音。

この音が鳴った時、骨には1トンの衝撃が加わっているという。

その力を受けた方向に骨が曲がり、ズレていく。

そしてより空気が溜まりやすくなり、

音が良く出るようになる。

音が鳴る時、靭帯や動脈などにも強い力が加わるので、

それらも傷ついていく。


なぜ気持ちいいのか


音が鳴った時に、骨から出ている神経を刺激するので、

気持ちよく感じる。


それが首の骨ならどうなるか


首には脳と心臓へ流れる動脈、静脈、などもあり、

椎骨動脈(ついこつどうみゃく)が断裂し、脳卒中になる可能性もある。

脳卒中になれば、意識を失ったり、

半身麻痺や死に至ることもある。

他にも、

神経にダメージを与え、様々な神経症状、

指の痺れや震えが起きたり、

ぼーっとしてしまうようになったりする。

そうならないまでも、靭帯が緩んで傷つき、

首を支えにくくなっていき、

首の凝り、頭痛へと発展していく。

首の骨のズレは、全身の不調に繋がってしまうらしい。


これほど危険な首を鳴らす行為だが、

整体などでは行うこともあるようだ。

現在日本国内では、事故の多さから、

厚生労働省が国家資格のあるなしにかかわらず、

これを行ってはならないと禁止している。

それでも、この頚椎スラスト法(首をポキポキする)を、

行っているところは多いといいう。

現在整体などで首をポキポキやられている人は、

気を付けたほうがいいかもしれない。

スポンサードリンク

4 件のコメント:

gabriel ガブリエル さんのコメント...

頻繁に自分も首を回して、ボキボキって音を鳴らすんですよね
でも、本当は危険なんですね
これからは、気をつけたいと思います

ランスロット さんのコメント...

おはようございます。

怖いですね。
以前から、手も首もポキポキしています。
癖になっているので、治すのが難しい。

でも、気をつけたいと思います。
良い情報を、有難う御座います。

タテキョー さんのコメント...

ご無沙汰しております。

まさか、そんなことが
あろうとは・・・

私もランスロットさんと
同じく、手指と首の骨を
鳴らしてしまっております。

これは将来的に
死ぬのであれば・・・・

止めようかな・・・

伊達嫁子 さんのコメント...

ガブリエルさんこんばんは。
俺も今やめようと頑張っています。しかし、無意識に首をグルっとまわしてボキボキさせてしまうことが、一日に数回あり、その度に落ち込んでいます(笑)

ランスロットさんこんばんは。
前からあんまりいいことではないだろうなとは思っていたのですが、これほど危険な要素が隠れていたとは驚きました・・。


タテキョーさんこんばんは。
100害あって一利なしって感じですね。気持ちいいっていうのがあるから、やめられない人も多いようで、まるでタバコがやめられないのとなんだか似てますね(笑)