2013年7月30日火曜日

住宅ローンが払えない!と思ったら読む本を読んで



最近、題名が気になって読んだ本。

住宅ローンについて、

借りている人はもちろん、

借りようとしている人も読んでおくと為になる本だと思った。

著者は、高橋愛子さんという、

任意売却を支援する会社、(株)シナジー・マネジメントの代表者。

任意売却支援ネットを運営している。


~本の内容~

住宅ローンが払えなくなる理由を、

実際に払えなくなった人の例を多く使って説明し、


住宅ローンを滞納していくと、

何が起こるのか、催促の電話から、家が競売に出されるまで、

詳しく説明し、

その時に、当事者は何ができるのか、

その選択肢を一つ一つ説明している。


住宅ローンが払えない=自己破産。

というように多くの人が思っていて、

家が競売に出されるまで、何も手を打たずにじっとしている。

しかし、本当はじっとしていてはいけないのだ。

そんな状況でも、色々な選択肢があり、

早く動けばそれだけ、

有利なのだということを知らなければならない。

その選択の一つに、任意売却という方法があり、

私達はその任意売却専門の会社です。

という感じだった。


~任意売却とは~

不動産会社が仲介して、担保の不動産を売却すること。

競売で売られるよりも、多くのメリットがある。

(競売では、現金化に時間がかかる。色々な費用が必要。

市場価格より安く売られることもある。勝手に売られる。など)


~この本を読んで~


時々耳が痛くなるような話もでてくるが、

住宅ローンについて現実を知ることができて良かった。

もしもの時がないことが一番いいが、

その時がくれば、知識を持っているのといないのとでは、

大きな差がでてくるようだ。

住宅ローンを滞納してから銀行に相談するのと、

滞納する前に相談するのとでは、

銀行の対応にかなりの差があることなど、

この本を読んで色々勉強できた。

凄く読んでよかったと思う。

スポンサードリンク

2 件のコメント:

gabriel ガブリエル さんのコメント...

住宅ローンですか?
家は一生で一番高い買い物っていいますもんね
そのローンが払えなくなるなんてあんまり考えたく無いですが、
でも、最悪の場合も想定しておかないといけないですよね

伊達嫁子 さんのコメント...

ガブリエルさんこんばんは。
最悪の場合になった時、こういうことを知っているのと知らないのとでは、かなり差がでるようです。俺も覚えておこうと思います。(^^)