2013年6月20日木曜日

今の行動の価値を機会費用という概念で考える


「ある行動をとることで、他の行動をとることができなくなる、という考え方です。

たとえば大学の講義に出席することで、デートに行く機会を犠牲にしています。

コンビニでアルバイトをしてお金を稼ぐ機会も失っているのです。」

知らないと損する 池上彰のお金の学校 あとがき より引用



上の引用は、池上彰先生が機会費用という概念を説明しているところで、

ある選択をすることは、他の選択を放棄していることになる、という考え方らしい。

俺はこれを読んで、ちょっと衝撃を受けた。

ああ、自分の何気なくしている行動の選択って、

実は結構重要なことだったんだなって。


だって、他にできたかもしれない色々なことを犠牲にしているんだから。

当たり前の事を言われている気もするけど、

これを聞いてからだとなんだか無駄な事はできにくくなる。


それだけでもこの機会費用で今を考えることは素晴らしいなと思ったが、

こういうことも考えられる。


もし今の時間を別の何かに費やしていれば、

その別の何かを得られたかもしれない。

自分はその何かを犠牲にしてでも、今の行動を選択したということになる。

その選択の積み重ね、犠牲の積み重ねが今の自分を作ってきた。


例えば今日までのテレビゲームをしていた時間は、

それをせずに、読書や勉強をしていたとすれば、

今は別人のように知性溢れる人物になれていたかもしれない。


それなら、

もしこれからのその行動の選択が、

自分にとって最良の選択であり続けたとしたら、

それらを積み重ねた結果はどうなっているだろうか。

自分はどれほどのものを手に入れることができるのだろうか。

つまり、自分の最大の可能性を考えてみる。

それを実現するかどうかは別として、こう考えることで、

そういう可能性を含めて自分のこれからの人生を設計していくことができる。


機会費用とは選択されなかった選択肢のうちで最善の価値のことである。

ウィキペディア より引用


この機会費用という概念は、

今とこれからの自分を考えるのに凄くいいなと思った。

一度ゆっくり考えてみようと思う。

スポンサードリンク

3 件のコメント:

ランスロット さんのコメント...

こんにちは。

訪問&コメント有難う御座います。
機会費用ですか。
面白い考えですが、
私がこれを考えると、後悔ばかりに
なりそうですね。

自分らしく生きたいとは思います。
まあ、それがうまくいかないのですけど。

ガブリエル さんのコメント...

こんばんは

今の時間は別の事にも使えるって意味なんですよね
それだけ、貴重な時間なので、
考えて使わないといけないって事なんでしょうね

伊達嫁子 さんのコメント...

ランスロットさんおはようございます。
俺ももしこうしてたらと思いましたが、楽しかったので良しとしました(笑)これからの選択も、極端な選び方はしないと思います。

ガブリエルさんこんばんは。
そういうことのようです。いつもそう思いながら行動するのは大変なので、時々思い出してみようかなと思ってます。