2013年1月17日木曜日

太陽光発電の訪問販売について買わないと決めた理由など



先日、太陽光発電の訪問販売について記事にしたが、

あれから太陽光発電について調べた。

営業マンの話をまとめるとだいたいこうだ。


太陽光発電+オール電化+エコキュートにすると、


まずガス料金が無くなり、ガスで湯を沸かせなくなるかわりに、

電気料金が安くなる深夜(オール電化で入れる電気料金プラン)

にエコキュートでお湯を溜めておいて、それを次の日使用することにより、

お湯を沸かす料金をガスで沸かすよりかなり安くできる。

さらに日中の発電で電気代は減り、さらに余った電気を売ることで売電料が発生し、

それらのトータルで浮いたお金で、初期工事のローンを返済できる。(10年)

むしろそれ以上にお金が浮くだろう。

返済後は、売電と光熱費の削減により、得ばかりするようになる。

20年、30年後はとんでもない金額を得することになる。(家が建つほど)

国の援助がある今取り付けるべき。

工事を始めるまでに時間がかかるし、援助の申請にも時間がかかるので、

早く契約をしてもらいたい。

絶対損をすることはないし、10年間保証もついている。


以上のような内容で、パンフレットや資料、

光を当てたらモーターが回る小型ソーラーパネルなどを使いながら、

次々と素晴らしい点を説明してくれた。2時間30分間・・。


悪い点は一つも説明がなかった。

母に営業マンが「契約して頂けるのでしょうか?」と聞いてきた時、

俺が横から、「一か月後に返事します。今日はいい話ばかり聞かせて頂きましたが、

こちらでもいろいろ調べて、じっくり検討してから決めます。」と言ったら、

営業マン「ああ~~、そういう家はなかなか太陽光発電がつかないんですよ。

こういうのは勢いでつけるものなんです。」

俺「大きい金額ですし、すぐ決断はできないんです。もし期待通りにお金が浮かなかったら、

即この家は路頭に迷う事になるんです。もっといろいろな方向から調べて、考えたいんです。」

営業マン「絶対大丈夫です。そこは私達を信用してもらうしかありません。

他の取り付けた皆さんも、あまり深く考えずに付けていますよ。大丈夫ですよ。」

中略・・。「それではご連絡をお待ちしています。」

(今日会ったばかりの人を信用できる訳ないでしょう。)


それから、俺はすっかり買う気まんまんになった母が心配で、

太陽光発電について不安要素を調べてみた。


不安要素1

ドイツの後を日本が追っているのならば、売電はそのうちなくなる?

不安要素2

取り付けメーカーは10年後20年後生き残っている?ないなら保障が受けられない。

不安要素3

エコキュートの騒音問題。深夜庭で気になる音がするのは嫌だ。

不安要素4

太陽光発電を取り付けたことで、保障の切れた10年後あたりに、
雨漏りが発生したりするかもしれない。(屋根に穴をあけて取り付けて
シールをするが、そこが劣化する為。)

不安要素5

10年後20年後が見通せない。大きい金額の投資には危険すぎる。

不安要素6

ネットででてくる、口車に乗ったらダメですよと言われる、
セールスマンの言動と殆ど一致する営業マンが信用できない。

不安要素7

実家にお金の余裕がない。太陽光発電に全てを懸ける意気込みが危険すぎる。



お金に余裕があれば、手を出してもいいと思うが、ギリギリの生活をしている家庭は、

手を出してはいけないと思った。だから母に猛反対して思いとどまってもらった。

もの凄く残念そうな様子の母をみて、かなり気の毒になった。

あの営業マンの夢のような話で、本当に夢を見ていたからだ。

この夢は俺が壊してしまったけれど、他のことで協力できたらと思う。

スポンサードリンク

5 件のコメント:

ワタやん さんのコメント...

こんばんは。

ウチにも 来ますわ~
この前は 
「ここ 砂漠やったらな~ すごく発電するやろな~」
とか言って 断りましたわ~

ロッソビアンコ さんのコメント...

こんばんは

その家に穴をあける
という部分ですが
ほんとうにあるって
聞いたことがあります
僕の家の近所の人が
そうなったって
聞きましたから
だから一度だけ来て
信頼してくださいという人は
あまり信頼しないほうが
いいとおもいますから
凄く正しいことを
したと思いますよ

ランスロット さんのコメント...

こんにちは。

訪問&コメント有難う御座います。
荒川さんは、産休取らずに
ハガレン描いていたのですか。
それは、知らなかったですね。

今回の記事は、ごもっともだと思います。
今日知り合ったばかりの人を信用できないですし、
勢いで出来るほど、金に余裕のある人間が
そうそういるわけながない。
記事の内容を見る限りだと、だましているように
感じますね。

私は、営業の人は、どうにも嫌いです。

ミッチー さんのコメント...

こんばんは
家は太陽光を付けていますが

悪い物かどうかは、自身の価値観にもよると思いますよ。
長い年月を見越してつけるか、はたまたその他の理由かですね。

私の場合にはお金の事もありましたが、子供達の世代の為にも石油資源を浪費しない太陽光を付けておこうと思ったのが理由です。

金額的には将来ペイもするでしょうし、多少の利益も出ると思います。

でも、この営業マンに委ねていいかと言うとそうではないような気がします。
もし付けるのでしたら業者は選んだ方がいいと思いますよ、施工にも差が出てくると思いますから。

伊達嫁子 さんのコメント...

ワタやんさんこんばんは。
よく来るのですね、ほんと
一度家にあげると大変だと分かりました。(笑)

ロッソビアンコさんこんばんは。
そうなんですか、業者はそのことを説明していたのでしょうかね、今回きた人も、そういう説明はまったくなかったですね(笑)

ランスロットさんこんばんは。
俺も、たとえどんなにすばらしい人でも、
営業しに来た人は警戒してしまうと思いますね。ほんとうにいい話だとしても(笑)

ミッチーさんこんばんは。
俺は太陽光発電は悪いものとは思いません。
今回母に猛反対したのは、金銭的余裕なかったからで、挑戦しようという段階になかったからですね。余裕なくても大丈夫です、必ず返済できますからと言われましたが(笑)