2013年4月28日日曜日

YOUは何しに日本へで紹介されていた忍術道場。全然知らなくて衝撃的だった。



今日、再放送のYOUは何しに日本へを見ていて、

忍術の稽古と大会に出場する為に来たという外国の方がいて、

忍者の稽古って一体なにしてるんだ?

日本にそんなことできる場所があるのか?

と驚いてしまった。

実際に道場までカメラがついて行くと、

本当にそこで忍術の稽古が行われていた。

武神館本部道場で、野口さんという師範の先生が、

様々な国の門下生の方々に、体術の指導をしていた。

テレビで見る限り、集まった30~40人くらいの人は全員外国の方のようだった。


なんと、世界50ヶ国に10万人の門下生がいると紹介されていた。

今までこんな世界があるとは、全然知らなかったので、

かなり衝撃的だった。

なぜ外国の方ばかり、忍術を教わりにくるのかという問いに、

「必要としているからでしょう。彼らは自分の身を守るためにやっている。」

とのこと。CIA、FBIの方も中にはいらっしゃるとか。


創始者は初見良昭さんという方で、戸隠流忍術34代目継承者だという。

調べてみると、武神館道場宗家の足跡というページに、

初見良昭さんの経歴が詳しく書かれていた。

これを見ると、俳優として色々な作品に出演もされているようで、

その中に特撮テレビドラマ「世界忍者ジライヤ」とあったので、

ユーチューブで確認してみた。

東映特撮YouTubeOfficial 世界忍者戦ジライヤ

かなりしっかり出演されていた。

このドラマで、主人公の養父の山地哲山役で出演し、

そのまま戸隠流忍術34代宗家という設定になっていた。

声だけは別の方がアフレコしているようだ。

ドラマ自体も面白そうなので、最初から見てみようかとちょっと思っている。

いくつか本も出されているようで、とても気になる。


しかし、世界50ヶ国で10万人の門下生がいるということだが、

日本にいて、今日までまったく聞いたことがなかったのに驚いてしまう。

護身術として何か習おうと思うのは日本人だって多いはずで、

実際俺も、子供の頃7年間くらい少林寺拳法を学んでいた。

その頃忍術の道場があってそれがどんなものか知っていれば、

もしかしたら忍術を習おうと思ったかもしれない。

テレビで見て、本格的な習える体術なんだと分かったから。


忍者というと、今はもうジャンプのナルトのイメージが強くて、

その前でいうと、ゲームの忍者龍剣伝のリュウ・ハヤブサのイメージが強いけど、

とにかくありえないような、実際にはいない空想から作られた超人という感じで、

実際、それを自分が習うことはできないような気がしていた。

本当にはいたんだろうけど、出来上がったイメージとはかけ離れていて、

それはガッカリするようなものなんじゃないかと、

失礼な思い込みがあった。

それにカムイ伝では、抜け忍は処分されていたし、

広く門下生をとるようなものではないのかなと思っていた。


そんなイメージを完全に覆すような、今回の放送を見て、

なぜ日本でなくて外国から盛り上がっているんだと凄く驚いた。

日本人なのに全然知らなくて、少し恥ずかしいような気分にもなった。

スポンサードリンク

3 件のコメント:

ガブリエル さんのコメント...

こんばんは

日本の忍術って
CIA、FBIの方も使っているんですね

自分も子供の頃、空手を少し習ってましたが、
忍術が習えると、そっちを習いたくなりますね(笑)

まぁ、教えて貰いたいのは、護身術じゃなくて
スイトンの術とかカトンの術とか習いたいですけどね(笑)

ランスロット さんのコメント...

こんにちは。

訪問&コメント有難う御座います。
どうにも眠いときは、ぼ~としてしまいます。
そして、時間ばかりすぎるのですよね。

忍者が現在もいるのは、知っていましたけど、
世界的に、こここまで門下生がいるとは、
知りませんでしたね。
私も、日本人として、ダメですね。

伊達嫁子 さんのコメント...

ガブリエルさんこんばんは。
俺も、忍者って魔法のようなことできるんだと思ってました(笑)

ランスロットさんこんばんは。
日本でなく世界にいるってのが驚きでした。なんでこうなったんでしょうかね。