2013年4月24日水曜日

万能鑑定士Qの推理劇。凄く面白くて凄く為になる知識の詰まった小説



万能鑑定士Qの推理劇

図書館で表紙に目がいって借りてきた。

やっぱり表紙は重要だと思う。

読んでみると、相当面白くてびっくりした。

表紙の女性が主人公で、高校時代に太平洋をおおひらひろしと読んでしまうほど、

成績が良くなかった。

が、就職できずに始めたバイト先の社長に、

隠れた才能、感受性が高いことを見出され、


それを学習に生かすことを教わった。

それから見違えるように、いろいろな事を学習して吸収していった。

そして論理的思考法で考えることを教わった。


バイト先の社長に一人前になったと認められた主人公は、

20歳でフリーの鑑定士として独立し、その店名は「万能鑑定士Q」。

こうして頭が良すぎて、綺麗すぎて、心優しい、スーパーヒロインが誕生した。


彼女は次々に難事件を解決していく。

その驚異的な知識と論理的思考法で、どんどん核心に迫っていく。

人並をかなりはずれた彼女の思考スピードや知識の広さに、まわりの人々はただあぜんとする。

まわりくどくなく、テンポよく物語が進行していくので、読んでいて、とても爽快で楽しい。


読み終わった後、完全にファンになってしまったので、

他のシリーズも読まなければと思っているが、

図書館にこれしか置いてなかった気がする。

今度行った時にもっと探してみようと思うけれど、

無ければ少しずつでも購入したいと思っている。


シリーズとして現在、

万能鑑定士Qの事件簿 1~12

万能鑑定士Qの推理劇 1~3

特等添乗員αの難事件 1

が出ているようだ。


特等添乗員αの難事件は、Qシリーズの主人公の、

ロジカル・シンキング(論理的思考法)とは全く逆の思考法の、

ラテラル・シンキング(水平思考法)で問題を解決していくヒロインのようだ。

今回読んだ推理劇1にも、この主人公が登場していた。


映画化決定と関係サイトに書かれていた。

アニメか実写か、まだ分からないようだが、見てみたいと思う。


シリーズがいっぱいでているので、これから一気に読める幸せを噛みしめている。

すごく楽しみだ。

スポンサードリンク

3 件のコメント:

ロッソビアンコ さんのコメント...

こんばんは

表紙がきれいだし
話も面白そうだし
これは
読んでみたいですね~

ガブリエル さんのコメント...

こんばんは

面白そうな内容ですね

本って内容が面白いのは当たり前なんですが、
表紙も大事ですよね

まず、表紙に目が行かないと
内容まで見ないですもんね

伊達嫁子 さんのコメント...

ロッソビアンコさん、ガブリエルさん、こんばんは。
今日本屋で、今出ているシリーズの表紙を全部みてきましたが、表紙はどれもいいです。とても欲しいですが、とても新品では買えません(笑)中古でも小説は高いですしね、図書館には1巻しかまだ置いてないし、悩ましいですね。少しずつ集めれたらいいと思います。