2013年7月12日金曜日

結局二度寝はしていいの?コルチゾールの好影響と悪影響!


最近朝は、二度寝をせずにすぐに起きるようにしている。

朝最初の目覚ましでスヌーズを使わずに目覚めたいなら-関係記事)

しかし、一分仮眠法というものもあるし、

イライラしたり色々うまくいかない時はぼけーっとすればいいかも-関係記事)

二度寝にその効果はないのだろうかと疑問になったので、

調べてみた。

すると、思っていたより複雑な話になってきた。

二度寝って奥が深かった。


二度寝をするとき、人は幸福感を感じている。


それは、人間が眠りから覚める頃に、

コルチゾール※というホルモンの血中濃度が急激に高まることと、

脳は起きていても、体がまだ眠っているので、外からの刺激が和らぎ、

心地よく感じることが理由と考えられている。

(※コルチゾールは、ストレスを和らげる効果と、幸福感を高める働きがある。)


のだが、

二度寝によってコルチゾールが増えすぎると、

血管が収縮して、頭痛の原因になるし、

二度寝から起きた後、コルチゾールの分泌量は減っていて、

本来コルチゾールによって、体を活性化したり、

血糖値や血圧を上昇させてくれるはずが、

それがなくなり、体がだるくなってしまう。

それは日中にも影響を及ぼすらしい。

朝、コルチゾールが分泌される量は、夜寝る前の感情と関係していて、

次の日が辛く、嫌なものだと思っていればいるほど、

コルチゾールの分泌が多くなり、それだけストレスに対応するようになり、

身体も活性化する。

つまり、その嫌な日に対応できるだけの体を作ろうとする。

そういうバランスを二度寝で壊してしまうことにもなる。


コルチゾールには、他にも複雑な働きがあるようで、

無さ過ぎても、有りすぎても害があるという。

あまり単純に考えられない感じだ。


こうなると二度寝には幸福感を感じるかわりに、

リスクもあり、どちらかというと、

やめておいたほうがいいのではないだろうかと思った。

スポンサードリンク

4 件のコメント:

まっちゃん さんのコメント...

おっ・・・奥が深い・・・
でも 凄く分かる。
二度寝して 適度に起きれた時は
幸福な気分になるの分かります!
逆に 私は 二度寝すると
寝過ぎてしまう事が多いので
あの体のだるさの原因が分かりました!
いつも 参考になる記事
ありがとうございます!

ガブリエル さんのコメント...

なるほど、二度寝をしてしまうのには
理由があったんですね(笑)

でも、それが原因で頭痛の原因にもなるんですね
最近は、朝起きると暑くて、二度寝が出来ません(笑)

ランスロット さんのコメント...

こんばんは。

いつも、コメント有難う御座います。
コルチゾールとは、始めて聞きました。
ストレスを和らげるなら、欲しいですね。

二度寝は、あまりしないですね。
基本は、昼寝が多いですね。

二度寝には、遅刻という恐怖があるので。

伊達嫁子 さんのコメント...

まっちゃんさんこんばんは。
俺もびっくりしました。二度寝後のだるさや頭痛に悩まされることも多かったので、こんかい原因が分かって良かったです。

ガブリエルさんこんばんは。
確かに、朝から暑いですね。日差しが強くて、窓越しにも熱を感じます。汗をかいて起きてしまうのが嫌です。

ランスロットさんこんばんは。
それは良い習慣だと思います。昼寝も、脳を休ませるために必要なことのようですし、俺も昼休みに寝るようにしてますが、休憩時間が短いので、ご飯食べて歯を磨いて、トイレに行って、それから昼寝すると、10分寝れるかどうかです(笑)