2013年5月29日水曜日

笑っていいともを見てペン回しについて調べてみた


今日の笑っていいともで、

慶応義塾大学ペン回し研究会の方達が、

ペン回しの技を披露していた。

手の上でペンがクルクルクルクル、まるで生きているかのように動き続ける。

小指から親指まで器用にペンが移動しながら、踊るようにペンが回る。

どうやったらこんな風にペンを回せるのだろうか?

ペンがこんな動きをするはずがないと思っている分、

これを見た時の衝撃が強かった。

こんな世界があったのかと驚いたので、少し調べてみた。


◎日本ペン回し教会


日本ペン回し教会というサイトを見つけた。

2007年にペン回しの普及を目的で作られ、

大会なども企画されているようだ。

ここでは、ペン回しの歴史が詳しく紹介されており、

「ペン回しがどんな形で生まれたのかは定かではありませんが、
日本では1970年代後半には学生の間でペン回しをする層が存在したとされています。
ペン回しは学校や塾といった学生同士のコミュニティーの中で拡がり、
また1980年代にテレビや雑誌などで取り上げられたことから
日本各地に伝播していきました。」
ペン回し 紹介 日本ペン回し教会 より引用

ということから、日本での歴史は40年くらいなのだろうか。

そして今や世界規模で大会が開かれているようだが、

ペン回しの起源は日本のようだ。


◎ペン回し師のことをスピナーと呼ぶようだ。


◎ペン回しワールドカップ


ペン回しワールドカップが2年に一度開催されているようで、

オンライン上で競い合うようだ。

2012年開催の大会についての詳しい記事が、

ペン回し進化しすぎ!!世界最強を決める「ペン回しワールドカップ2012」が開催中
(ロケットニュース24)

↑で書かれていたのでリンクしておく。


◎ペン回しに関するアイテム


ペン回し専用のペンがタカラトミーと日本ペン回し協会共同で作られて、

発売しているようだ。


↑これがそのペンで、左右の重さの調整などできるらしい。


下は、日本ペン回し協会から発売されているペン回しの技を解説した本と、
協会公認のDVDのようだ。


◎日本が誇るペン回しPV


日本を代表するPVの一つといわれる「JapEn」というのがあるようだ。

JapEn-Japanese Collaboration Video

↑のサイトからその動画をダウンロードしたり、ユーチューブで見たりできる。


知らないところでこんなにペン回しが盛り上がっていたとは驚いた。

学生の時、シャーペンを一回転させようと練習していたけれど、

シャーシンが折れまくるので、いつしかやらないことにしたペン回し。

技を磨いて昇華させればこんなにも華麗でカッコよくなるとは思わなかった。

スポンサードリンク

3 件のコメント:

ガブリエル さんのコメント...

こんばんは

ペン回しって、学生の頃に挑戦した事はあるんですが、
全然出来なかったです
でも、凄い上手な人のペン回しを見ると
芸術の域に行ってますよね

uboaaa さんのコメント...

ペン回しを本格的にはじめてまだ半年ですが、一応スピナーです
今年の世界大会で日本人が優勝したんですよ!
これを機にペン回し黄金期が来る事を期待しますww

伊達嫁子 さんのコメント...

ガブリエルさんこんばんは。
俺もよくペンを吹っ飛ばしていました。
そうですね、見る人に感動を与えるレベルですね。

uboaaaさんこんばんは。
そうなんですか、優勝していたんですね。
素晴らしいことですね!ちょっとブームが来るかもしれないですね。