2014年10月8日水曜日

赤ちゃんの夢のお告げや不思議な体験について調べてみた


結婚四年目で初めて嫁が子供を授かった。

それまでちょっと悩んだり、来年は検査してみようかなんて、

話し合っていたところだった。

ある日唐突に実家の母に、

「あんたが子供を連れている夢をみたよ、だから子供できるよ。」

と言われた。

母はよく、俺と妹二人を授かった時、

必ず夢に子供がでてきたと話していたので、

だからその言葉を聞いて、本当かもと期待した。

だけど確証のない話だし、嫁には話さないでいた。

そしたら・・・・、


本当に嫁は妊娠していた。驚きと感動と、不思議な気持ちと、

よく分からないが、感無量という感じだった(笑)

そして、夢を見たのは自分ではないが、そんな風に知らせてくれたことに、

子供を授かるというのは偶然ではないのかもと思うようになった。

ここに来てくれたことには、何か意味がある。

俺たちはかなり未熟な二人だけど、その意味を繋ぐことができる立場なら、

怖気付かずに、精一杯育てよう、きっとできるはずだろう。

というような気持ちになった。(大袈裟?)


前置きがかなり長くなったが、そんな赤ちゃんにまつわる、

不思議な夢や体験についてどんなものがあるか調べてみた。


と、検索してみるとかなりでてきて、

赤ちゃんにまつわる不思議な夢はありふれているの?

と思うくらいだった。


妊娠する夢が現実に(YAHOO!知恵袋)

流産後、赤ちゃんからメッセージを聞かれた方はいらっしゃいますか?(YAHOO!知恵袋)

夫の夢にお告げ?(YOMIURI ONLINE 大手小町 発言小町)


リンク先には不思議な体験がいっぱい報告されているが、

その中で、白い服をきたおじいさんがよく登場する。

ちょっと気になったので、夢占いで調べてみると、

白い服を着た人が現れると、近いうちに願い事が叶うかもしれないとの事。


生まれる前の記憶の不思議(NAVERまとめ)


雲の上から飛んでお母さんのところへやってきた。

上の記事の、お母さんの体に宿るまえの記憶だというが、

俺にもそんな記憶が残っている。

今は取り壊された団地に最初両親は住んでいたが、

夜にそのあたりを何人かの子供と飛びまわり、ひとりひとり、

どこかの家に飛んで入っていく。

「じゃあまた会おうなっ」っていう感じの挨拶をして。

そして俺も、母達の住む家に飛んでいった。

どんな感じで飛んでいるかというと、ドラゴンボールの舞空術に似ている。。

気は発していなかった(笑)。

ずっと記憶に残っているが、

これはいつからか自分が作り出した嘘なのかもと

半信半疑な状態だったが、

この上の記事で語られている話とよく似ているので、

あながち嘘ではないのかもという気がしてきた。


キリがなさそうなので、これくらいで。

この子も雲から飛んでやってきたのかな?

スポンサードリンク

4 件のコメント:

gabriel ガブリエル さんのコメント...

ほんと、不思議ですね
赤ちゃんはコウノトリが運んでくれるとか言いますし
やっぱり、空から飛んで来るのかもしれませんね(笑)

ロッソビアンコ さんのコメント...

こんばんは^-^
おおおーー
おめでとーーございます^^

へーー夢には何かしら
意味があると聞きますが
テレパシーみたいな感じの
赤ちゃんの意思なのかな
お父さんお母さん
よろしくねーという感じなのかな
そういうー夢で伝えるのって
神秘ですねー^ロ^

まっちゃん さんのコメント...

人の誕生は神秘的ですよね~
生まれる前の記憶が残ってるって
凄いですね!!
「じゃ またなぁ~」って感じで
分かれた子たちとは気が付かない間に
知り合いや友達になってる
可能性もあるんですよね~
凄い不思議。

生まれてくる赤ちゃんも
きっと偶然じゃなく 
この人たちの所に行こう!って
やってきてくれたんでしょうね!

伊達嫁子 さんのコメント...

ガブリエルさんこんばんは(^^)
空からおりてくるのですかね、たぶん母親のお腹に入るまでは、なぜか目で見ることはできないのでしょうね、お腹に入る時に実体化する?
よく分かりませんが不思議です(笑)

ロッソビアンコさんこんばんは(^^)
赤ちゃんが自分で母親を選ぶ場合と誰かに母親を選ばれる場合があるそうなんですが、夢に赤ちゃんが現れる時は、赤ちゃんが自分で挨拶しているのでしょうかね、白い服を着たおじいさんが赤ちゃんをつれて現れたりしたら、この子を頼むぞということなんでしょうか、まったく不思議です(- -)

まっちゃんさんこんばんは(^^)
こういうことを調べれば調べるほど、ほんとうにそういう世界があるのだという気になってきました。
赤ちゃんに、お母さんを選んでくれたの?と聞いたら、ううん、ここに行けって言われたのと、これはリンク先で見かけたやり取りですが、そういう場合もあるようで(笑)まあそれでも来てくれて有難うですが。