2013年10月6日日曜日

オレたちバブル入行組を読んで反骨精神がちょっと芽生える



ドラマで物凄い人気だった半沢直樹だが、

小説を読もうと思っているうちにドラマが始まり、

これは小説を読んでからドラマを見るようにしようと決め、

読み終わった今、再放送を待っているのだが、

一向にその気配がない。これはレンタルするしかないのだろうか。


半沢直樹の原作、オレたちバブル入行組。

読んだら、自分の上司に反骨精神が芽生えてきた(笑)

主人公の半沢のように、頭がキレて、

口が達者で、度胸もあり、信頼できる仲間もいる。

という訳ではないので、

実際に上司にやられたら倍がえすようなことはできそうにないが、


半沢のような気持ちだけは持っていようと心に決めた。(><)o


銀行の融資課長である半沢が、

理不尽な責任をとらせようとする半沢の上司の支店長と、真っ向勝負する。

部下を自分の所有物のように思っているような半沢の上司(浅野)が、

自分の職場の上司と重なって、

頑張れ、負けるなと、

いつの間にか手に汗握って半沢を応援していた。


「死ねといわれれば素直に死ぬ、

俺の代わりに責任をとれといわれれば泣き寝入りする。

そんな部下しか浅野は知らなかったし、求めてもいなかった。」

オレ達バブル入行組 より引用

これは半沢と対立する上司の浅野の考えだが、

まさに最悪の上司、部下の定義がひどすぎる。

このような考えだから、浅野は半沢に責任をとらせ、

泣き寝入りさせようとして、半沢に抵抗された時、

部下の分際で俺に逆らうとは何事だと怒り狂った。

そしてさらに半沢をいじめ、苦しめようとした。


「オレは基本的に性善説だ。相手が善意であり、

好意をみせるのであれば、誠心誠意それにこたえる。


だが、やられたらやり返す。泣き寝入りはしない。十倍返しだ。


そして-----潰す。二度とはい上がれないように。


浅野にそれを思い知らせてやるだけのことさ。」


オレたちバブル入行組 より引用。


その言葉通り、半沢はやられたらやり返した。

そのやりかえっしっぷりも半端なくて、

読み終えるととてもスカッとした気分になれた。


ちなみに性善説とは、

「人間の本性は基本的に善であるとする論理学・道徳学説、

特に儒教主流派の中心概念。」

性善説・ウィキペディアより引用


サザエさん症候群という、サザエさんを見ると、

明日から仕事という現実に引き戻されて気分が落ち込む現象があるが、

日曜劇場の半沢直樹は、見た人に勇気と行動力を与え、

明日からの仕事の憂鬱さを吹き飛ばしてくれたという。

ドラマの半沢直樹がこれだけヒットしたのは、

それだけ半沢に自分を重ね、半沢頑張れと応援している人が多かったからだと思う。

皆頑張っているんだなあと思う。

スポンサードリンク

4 件のコメント:

ロッソビアンコ さんのコメント...

こんばんは^-^

僕もまた
半沢直樹は
途中見で最終回近くでしたから
大阪編が見ていないのです
その機会があったら
録画して
見てみたいですね~
ただ本当に銀行に働いている人には
この小説は耳が痛い事ばかりだそうです
それは~たしかに
あれほど倍返しというのを
実際にやるのは
どうかと思ってしまいますね

gabriel ガブリエル さんのコメント...

この小説読んでみたいんですよね
この間、ブックオフで探したんですが、
無かったんですよね

新らしく買ってもいいですが、
人気なので、すぐに中古が出そうな気もするんですよね
もう少し待ってみようかな

ブリジット さんのコメント...

こんばんは!(-^ ^-)

作者さんも言っていましたが、
現実には倍返しなんて考えない方がいいですよ(^_^;)

嫌な上司なんていずれはいなくなりますし、
結局どこへ行ってもそういう人が
いるそうですから(^^ゞ

伊達嫁子 さんのコメント...

ロッソビアンコさんこんばんは。
倍返しされるかもと少し心配した人はいたかもしれませんね(笑)
いつ再放送するのでしょうね~。

ガブリエルさんこんばんは。
今日ブックオフで中古で見かけました。まだまだ100円コーナーには並ばないと思いますが・・・。俺はちょうど期間限定のTポイントがあったので、それで新書2冊購入できました(^^)

ブリジットさんこんばんは。
そうですね、たくさんいるでしょうね、そんな人は(--)まいってしまいます。