2013年8月21日水曜日

住宅ローン繰り上げ返済の効果やタイミングについて。大変だけど効果は絶大!


住宅ローンの繰り上げ返済をしたい。

繰り上げ返済は、住宅ローンを組んでいる人にとって、

とても効果の大きい節約になる。

下のサイトで繰り上げ返済をした場合のシュミレーションが、

簡単にできるので、是非やっておきたい。


伊達家の場合でも、今すぐ100万円を繰り上げ返済にあてたとしたら、

返済期間短縮の場合、約60万円ほどの利息軽減効果があるようだった。

返済期間を変えずに、毎月の返済額を減らす場合は、

毎月の返済額が4000円ほど減って、全体の利息軽減効果は約27万。


期間短縮型の方が断然将来的に節約効果は大きい。

できるなら期間短縮させて、どんどん利息分を削っていきたい。


色々な戦略があって、


生活費確保の為に月の返済を減額させたり、

変動金利型の場合、将来の金利上昇に備えて、

毎月の返済額を減らすようにするなど、

家計とよく相談して、どちらを選ぶか決めなければならない。


この繰り上げ返済を行う時期は、早ければ早いほどその効果が大きい。

返済がだいぶ終わってから行っても、効果が薄くなっているので、

ローンを組んでからすぐに、繰り上げ返済に向けて準備をしていったほうがいい。


住宅ローン減税を利用している場合、年末時点の住宅ローン残高が対象となり、

減税額が決まるので、繰り上げ返済を年末にするか年始にするかと迷っているなら、

年始にするほうがお得だという。


将来的に大きなお金の節約になるとはいえ、

繰り上げ金を支払ったら、そのお金は戻ってこない。

だから繰り上げ返済後に貯金額が殆どなくなってしまうというなら、

繰り上げ返済を行うのは危険だ。

まずは他の節約を実行して、お金が貯まるように家計を改善するのを優先させる。


年間50万円の節約ができれば、それを毎年繰り上げ返済にあてれば、

(いくらから繰り上げ返済できるかは、借りているところによる。手数料の有無なども。)

30万円の利息軽減効果があったとして、

50万円の節約が80万円の節約に化けるのだ。

節約の最終兵器といえる。(笑)頑張ろう!

スポンサードリンク

2 件のコメント:

gabriel ガブリエル さんのコメント...

住宅ローンは、利息が大きいですもんね
金額も大きいし、何年も払うので、
結局、凄い金額になるんですよね

確かに、早く、繰上げ決済出来ると良いんでしょうが、
なかなかそれが難しいんですよね

伊達嫁子 さんのコメント...

ガブリエルさんこんばんは。
35年間の利息が凄すぎて悔しいです(笑)
本当、難しいですね、しかしなんとか頑張ってみます!!