2013年8月26日月曜日

知っておきたい!携帯電話などの消去したはずのデータは復元できる!?


携帯電話などに保存されているデータは、

消去したはずでも、実はまだ消えていなくて、

復元することも可能らしい。



池袋ウエストゲートパークのプライドの中で、

拾った携帯電話のデータをネタに恐喝をする話があって、

その中で知ったことだ。


気になったので色々調べてみた。


パソコンなどのハードディスクなどと同様に、携帯電話のメモリは、

削除しても表面上そのデータが消えたように見えるだけ。


これはそのデータのインデックスだけを消したような状態で、

今までどおりデータはそこに存在している。

しかし、インデックスが消えているので、

新しい保存するべきデータが現れた時は、

インデックスの消えたデータのある場所に、

その新しいデータと入れ替えてもいいと判断される。

だから、メモリに次々新しいデータが上書きされていくうちに、

完全に古いデータが消える時がやってくる。


機種によるが、

記憶メモリーが電源がないと記憶できないものに関しては、

電源が長時間切れていたりすると、完全にデータは消えているらしい。

メモリーには、揮発性メモリーと不揮発性メモリーというのがあって、

不揮発性メモリーは電源がなくても記憶を保持するもので、

揮発メモリーは電源がないと保持できない。

シムカードは不揮発性メモリーらしく、

その中のデータは電源が消えてしばらくしても消えないようだ。

電源が切れてデータが消えるといっても、通常は予備電源が用意されており、

数か月はデータは保持されるようだ。


これらの表面上だけ消えているデータは、困難だけど復元できるという。

だから、それに気付かずにデータは全部消したと思って、

古い携帯電話を売ったり、捨てたりしたものが、

後で誰かにデータを復元されて、それを悪用される可能性もある。

実際にそういうことは結構あるようで、検索すると色々でてくる。

中古の携帯やデジタルカメラなどを購入して、

残っているデータを復元して楽しむ人などもいるらしい。

画像がネットに流出することもある。

データを全部消したつもりで、誰かにメモリーカードやメモリースティック、

などを預けたりすれば、もしかしたらこっそりデータを復元されて、

プライベートを覗かれるかもしれない。


相当恐ろしい。

知らないでいた今までを思うとゾッとする。

もう記憶媒体を安易に扱わないようにしようと誓った。

スポンサードリンク

3 件のコメント:

ランスロット さんのコメント...

こんばんは。

これは、そうですね。
パソコン同様に、気をつけたいです。

でも、再利用しないと、いけないのも事実なので、
難しいところなんですよね。

私はあまり携帯電話を変えてないですが、
今までのものは、捨てないで取ってあります。

gabriel ガブリエル さんのコメント...

データーを消したと思っていても
残っているんですね

最近は、携帯を売ったり出来るみたいですが、
その辺りも気をつけないと、情報が漏れてしまいますよね

伊達嫁子 さんのコメント...

ランスロットさんこんばんは。
俺もなんとなく今までの携帯電話はとってあります。時間が長くたっているので、もうデータは消えているのではないかと思いますが、気を付けたいですね。(ー_ー)!!

ガブリエルさんこんばんは。
ジャンクショップなどで、古い携帯を買い漁っては、データを復元して楽しむ人がいるそうです。怖いですね(><)